Site search

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

Site search

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Categories

Tags

サッカー上達法としてインターネットを活用するとサッカー上達できる

サッカー上達のためには、インターネットを活用しましょう。
インターネットでサッカー上達法を検索すると、サッカー上達のために有用な情報をたくさん発見できます。
こうして手に入れた情報を練習に取り入れると、サッカー上達します。
インターネットなら、誰でも簡単にサッカー上達法を手に入れられるので、活用してみるべきです。
サッカー上達法について書かれているサイトを参考にするだけでも、サッカー上達のためには参考になります。
しかし、一番サッカー上達法として参考になるのは、インターネットの動画サイトです。
誰でも動画を投稿できるサイトでは、サッカー上達法について実演している動画あります。
この動画を真似しながら練習をすることによって、テクニックを身につけることが出来るのです。
また、動画を観て身につくのは、サッカーのテクニックだけではありません。
筋トレの方法も動画で紹介されており、サッカー上達に必要なトレーニング方法としても参考になります。
また、動画サイトには、一流プレイヤーのプレー集も投稿されています。
一流プレイヤーのプレーを繰り返し見るのも、サッカー上達法として欠かすことはできません。
動画を見て真似すれば、サッカー上達できるでしょう。

正しいサッカー上達法とサッカー上達のコツ

サッカー上達のためには正しいサッカー上達法を行う必要があります。何の知識も科学的な根拠も無く練習をしていてもサッカー上達への道は遠くなります。正しいサッカー上達法の第一は、正しいボールの蹴り方を習得することです。ボールを蹴る時の強弱や豊富なバリエーションを覚えて、自在にコントロールできるようになればシュート技術も高まります。正しいサッカー上達法の第二は、パスやディフェンス技術の習得です。特にパスの場合には自分だけではなく、パスをする相手の状況も考えて行う必要があります。瞬時の状況判断能力が問われますので繰り返し練習を行って正確さを高め、敵選手の干渉が入っても対処できる身体バランスを養うことが必要です。昔はサッカー上達のコツを習得するには正しい知識を持った指導者のアドバイスが必要でしたが、現在では様々な方法で情報や知識を得ることができますので誰でも正しい練習法を学ぶことができます。従って優秀な指導者に出会うことがなかったとしても、自分で学習をして練習や実践を繰り返すことでサッカーは上達していくのです。ある程度まで上達すると習得の速度は遅くなりますが、それを超えて上達するためには正しい知識が必要です。

サッカー上達法(パスサッカーにおけるサッカー上達)

日本でのサッカー指導の風潮として、「上手な子を中盤に入れよう」という考え方があります。
それはキャプテン翼の影響なのか、中盤からゲームを組み立てるというベーシックなサッカーを好む指導者が多いからかはわかりませんが、それゆえ日本のトップとして世界で活躍する選手はMFが多いのです。
日本人は体格で不利なため、パスを多用して敵の守備を崩す戦術を得意とします。
パスの上達=サッカー上達といえます。
ある程度狙った場所にボールが蹴れるのは大前提として、次のステップをどうしたらよいかというサッカー上達法を考えましょう。
それはどこに蹴ったらよいかという判断力です。
サッカー以外にもいろんな場面で判断力を要する場面は日常にあります。
例えば自転車で走行中でも「あそこで車が出てきそうだ」「小さい子どもがいるからゆっくり追い越そう」など次のアクションを予想し次の行動に移すはずです。
サッカーにおいてもここでボールを出せばどうなるか、もう少し味方のオーバーラップを待ってから出せばいいのか、等の思考を持ってパスを出せるようになることがパスサッカーにおいて重要なサッカー上達といえます。
パスを重用するサッカーにおいて、サッカー上達法とは技術的な部分以上に、こういった思考的な向上がサッカー上達といえます。
改めてチームのフォーメーションを確認するのも大事なサッカー上達法といえます。

サッカー上達のためには練習からアピールして試合に出るのもサッカー上達法

サッカー上達法は、ただ単純にサッカーの練習をしていてはいけません。
正しい方法で練習をしてこそ、サッカー上達をすることができます。
サッカー上達したいなら、がむしゃらに練習をするのではなく、正しい理論のサッカー上達法で練習しましょう。
正しい理論のサッカー上達法なら、効率的に練習をすることができます。
その結果、サッカー上達までの時間が短くなり、ほかの選手と明確に差が現れてきます。
ほかの選手との実力差があれば、試合にも数多く出ることが可能です。
サッカー上達法では、練習をすることも大切ですが、試合に出て経験を積むことも必要です。
ほかの選手と実力に開きがあれば、試合に出してもらうことも出来ません。
最悪の場合、ベンチにすら入れないこともあります。
まずは試合に出られるように、練習からアピールをしていきましょう。
実力があるなら、実力の差を見せつけてアピールします。
ほかの選手と実力的に差がないなら、とにかく目立つことです。
練習で大きな声を出すのは、誰にでも出来る簡単なアピール方法です。
試合に出たいのなら、こうしてアピールをしましょう。
もちろん、実力のある選手もこうしてアピールをしておけば、確実に試合に出られます。

サッカー上達には勝って学ぶことが一番のサッカー上達法

シュートを決めて点が入らなければ、サッカーの試合では勝つことは出来ません。
しかも、自分のシュートが決まって点が入れば、もっとサッカーが楽しくなります。
楽しくサッカーをすることも、サッカー上達法ではとても大切なことです。
楽しくないことは、いくら周囲から矯正されても、やりたくはありません。
嫌々やっていても、サッカー上達するわけはありませんから、楽しむことは大切なのです。
また、試合をしても負けてしまえば、楽しくありません。
負けたことから学ぶこともサッカー上達法ですが、子どもの時はそんな理屈は通用しないでしょう。
子どもの時に勝ちにこだわるのは、それもそれで、正しいサッカー上達法とは言えないかもしれません。
しかし、子どものうちは負けることから得ることより、勝つことで得られる経験の方が多いでしょう。
試合に出て勝つ喜びを味わうことで、サッカーの楽しさに気付けるのです。
サッカー上達のためには、ある程度勝つことも意識しながら試合をすることが大切です。
味方の選手と協力して、勝利という目標を目指すと、チームメイトとも信頼関係を築けます。
仲間との信頼関係について学ぶことも、サッカー上達のために必要な要素です。